低学年のうちに基礎学力をつける

中学受験は小学校4年生くらいから考えればいいことで、低学年のうちは外でどんどん遊ばせて、勉強は学校の宿題で十分という保護者もいます。でももし、中学受験に本気で挑まれるのなら、外で思い切り遊ぶ時間を作ると同時に、基礎学力をつけるため、また自宅で勉強する癖をつけておくために、自宅学習をしっかり行う時間を作ることが重要です。

高学年になって中学受験体制に入ってから基礎学力がほかのお子さんよりも低いとなると、他のお子さんが過去問や追い込みのテキストを行っている時、自分だけ基礎学力の向上のための学習や苦手克服の努力をしなければなりません。これは中学受験にとってかなり不利な事です。

小学校高学年になってからこうしておけばよかった、ああしておけばよかったと後悔するよりも、小学校低学年のうちに勉強する時間をしっかり作り、わからないことを無くしておく学習を身に着けておくと安心です。勉強する癖がついているお子さんは、勉強しないと気持ちよく遊べないという気持ちを持つようになります。全く遊ばせないとか塾ばかり、習い事ばかり行かせるというのは間違っていると思いますし、脳の活性化にもつながりません。ただ、基礎学力を低学年のうちにきちんとつける生活リズムを作るのは、保護者の責任でもあります。