受験の模擬が模試です

本番になると力を発揮できないお子さん、かなり多いです。特に消極的で優しいお子さんの中には、集団が苦手で人とのコミュニケーションを取るのが苦手、初対面に弱いという事もあるので、試験会場に行くことすらストレスとなる事も多いです。

進学塾でも個別指導ならいいのですが、集団型指導だと緊張してしまい質問もできず早く授業が終わらないかなと思っているうちに落ちこぼれていく可能性もあります。こうしたお子さんの多くが個別指導塾や家庭教師を利用されていますが、中学受験の学力テストは、集団の中で行われます。個別指導で学力を磨くのはいいのですが、集団の中に慣れる事もしていかないと、試験本番で力を発揮できないこともあります。緊張してしまうと頭の中が真っ白になってしまうお子さんも少なくありません。

各進学塾では模試を行っていますので、模試に参加する事で中学受験学力テスト本番の練習にもなります。もちろん中学受験を目指すお子さんの多くが、模試を行い出た偏差値で志望校の設定などに役立てていくと思いますが、普段集団塾に行っていないお子さんにとって、模試は試験のいい練習になります。

模試など進学塾で受けられる試験などは積極的に利用し、実力を確認するとともに、本番の練習として活用していくといいでしょう。