いつから過去問にチャレンジするか

各学習塾ではそれぞれが中学受験に関する情報網を持っていて、その年の出題傾向をいち早くつかみ、指導に反映させています。独自のテキストを利用し中学受験に特化した指導が行われていますが、小学校6年生秋、もうすぐ中学受験が差し迫ってきたという頃になると、多くの塾で志望校の過去問を繰り返し行う様にと指導されます。

塾では独自のテキストによる指導があり、場合によっては過去問を宿題に利用するところもあります。過去問についてはどの塾も、早くから手を出すのではなく、小学校6年生秋くらいになってから繰り返し学習に利用するように指導されます。

なぜ小学校6年生の秋くらいから利用するようにと指導されるのかというと、基礎学力がついていない状況で利用しても、間違った理解をする必要があるからです。またもちろん基礎学力がおぼつかない状態ですから、難しい中学受験が解けるわけもなく、解けないことが当たり前なのに、頭が悪い、中学受験なんて無理と思ってしまうお子さんも出てくるからです。

過去問はあくまでも基礎学力がついて過去問についても解ける様な実力がついてから行うべきです。志望校が早く決まるとチャレンジしてみたくなるものですが、まず、基礎学力をしっかり身に着ける事、これが重要です。