応用問題は図にして解く

算数が苦手科目というお子さんは中学受験でかなり不利です。というのも、中学受験を実施する中学のほとんどが、算数に力を入れているからです。学力テストの配点についても算数が重点とされていることが多いので、算数の点数が低いのは中学受験を目指すものにとって非常に不利なのです。

計算問題は数多く繰り返し問題を解く、時間を決めて解く訓練をするという事で、スピーディに、また正確に解く事ができるようになっていきます。問題は応用問題です。文章問題を記述式で解くことが多い中学受験算数では、問題をしっかり理解しどのように解けばいいか判断できる能力が必要となります。この力を磨くためには解き方を自分で何度も考えていく訓練が重要です。

問題の内容を可視化してみるとわかりやすいので、図や表にして解く方法も理解しておくといいでしょう。文章で考えると理解できなくても問題を読みながら図にしていくとわかりやすくなります。最初は問題を図にして解く練習をして、その後、図にして解く事に慣れていけば線分図で解くことが必要な問題も少しずつ解けるようになっていきます。

可視化するという問題の解き方は、高校、大学に行っても利用できる方法です。中学受験時にしっかり利用しておけば、大人になってからも役立つ力となるはずです。