算数の計算は時間を測る

中学受験では算数が非常に重要で、中学受験実施校でも重点科目としていることが多いので、算数の点数は出来る限りとれるように努力しておくことが必須といわれます。中学受験の算数の問題を見てみると、大人がびっくりするくらいの問題が多く、問題の意図を理解するのにも苦労します。

応用問題では中学年代で解く問題を小学校の指導の中で解くことが必要となるので、より複雑な解き方となり、特殊算などを駆使しながら想像力を働かせて解答します。そのため、中学受験の算数は難解で、非常に難しいといわれています。

これに加えて最近の中学受験の出題傾向では計算問題も多数出題されるようになっています。計算問題は正確に早く解く事ができるかを見極めるための問題なので、単純な計算であっても量が多いです。そのため、計算スピードを高める事と正確に計算できる能力を養う事が必要です。

自学の時間を利用し保護者が時間を決めて測り、お子さんがその時間内に問題を解くという練習を繰り返し行いましょう。入試の際、緊張していると時間ばかりが気になりなかなか集中して計算問題を解く事ができません。でも時間を区切ったスピード練習をしておくと緊張していてもしっかり集中して解く事ができるようになるでしょう。