音読と黙読

小学校の国語の宿題によく出されるのが音読です。文章を声に出して読む、これが音読ですが、記憶力向上効果が高く、どの小学校でも宿題に利用されています。声をだし自分の声を耳で聞きながら文章を読むという音読は、脳の活性化にもつながり、記憶力の向上以外にも素晴らしい効果があるといわれています。

何度も繰り返し文章を読むことで感情をこめて読むことができるようになったり、リズムよく言葉を発する事ができるようになりますし、その文章を思い返すとき、音読を行った方が頭の中で思い返しやすいともいわれます。記憶、という面では高い効果を発揮するのが音読です。

ただ黙読も重要です。音読は文章や言葉を暗記するため、また問題を理解する際に声に出して読んでみるなどしますが、中学受験の学力テストの最中に音読をするわけにはいきません。頭の中で文章を読み、理解し、解答を出さなくてはなりませんので、黙読も身に着けておくことが重要です。

音読を行った後、同じ文章を頭の中で黙読してみる、という事を繰り返し行ううちに、頭の中で記憶を整理するという力も養われていくでしょう。音読と黙読両方をしっかり勉強の中に取り入れて、中学受験に活かしていきましょう。