テキストで自学は必須

有名な進学塾、私立中学合格実績が高い進学塾へ行っていれば間違いなく合格できるという事はありません。進学塾で優秀な成績を収めていて、偏差値も成績も申し分ないお子さんでも、私立中学に合格できないという事もありますし、逆にぎりぎりといわれていたお子さんが1発で合格するという事もあります。進学塾に通わせているから安心という事はないのです。

進学塾での指導は確かに中学受験の出題傾向に沿った指導です。学習レベルも高いですし、クラス分けを行いお子さんの学力にあったクラスで切磋琢磨できるので、成績向上にもなります。でも進学塾で指導された内容を自分のものとするため、塾の指導を再度、テキストなどを用いて復習することが求められます。

進学塾は宿題を出します。この宿題は指導内容の復習となっていることが多いので、塾が終わったら自宅でこのテキストを利用し復習をしっかり行います。宿題があまり出ないという塾なら、塾で解いた問題を自宅で繰り返し解いていきましょう。夜解いて、翌朝の朝学習でもう一度解いてみる、そこで解けるようになっていれば自分の知識として吸収できたといえるでしょう。

自学の時間をしっかり設け、知識を正確に得ることが中学受験成功の秘訣となります。塾任せではだめなのです。