補習塾の使い方

地域には昔から経営されている補習塾が一つ、二つあるでしょう。通常、中学受験で補習塾は利用しないご家庭が多いのですが、使い方によっては成績向上につながります。

補習塾は基本的に学校の授業に沿った指導を行う所です。授業の予習復習が指導のメインとなりますが、基礎学力が低いというお子さんにとって、進学塾に行く前の基礎学力向上に役立てる事もできます。こうした地域の補習塾は、進学塾よりも人数が少なく、集団型の指導でもきめ細かい指導ができるという魅力があります。

今成績がそれほどよくないというお子さんはまず補習塾を利用しある程度基礎学力を向上させ、進学塾の学習スピードについていける様な実力を付けてから進学塾へ移行してもいいでしょう。

また現在低学年で中学受験まで時間があるというお子さんも、基礎学力を固めるため、補習塾を利用してもいいでしょう。低学年時は本格的に中学受験体制に入る高学年になる前に、学習する癖をつけるという期間でもあるので、補習塾に通う事をメインに1日の学習リズムを付けるといった意味でも補習塾を利用するご家庭もあります。

使い方によってお子さんの学力レベルに合わせた指導を考える事ができます。進学塾がお近くにない場合でも、補習塾なら近いという地域もあると思いますので有効活用しましょう。