受験対策「進学塾」

中学受験に必要な事、まず塾の選択は非常に重要な事です。現在は中学受験や学力レベル向上のため、進学塾でも小学校低学年クラスが設けられるなど、入塾が低年齢化しています。現在、小学校低学年で進学塾に通うお子さんも多くなり、中学受験準備に入る年代も低くなっています。

中学受験を目指す多くのお子さんが利用するのが進学塾です。進学塾は超難関校受験など私立中学受験合格を目的としたところが多く、中学受験に特化したノウハウ、実績、経験を持っています。地域にある予習復習をメインとした塾では、授業に沿った指導が行われていますが、進学塾は、「中学受験に対応」するための指導となるため、学力レベルが高く、指導スピードが速い指導です。

そのため、進学塾の学力レベルをよく知る事、若しくは大手進学塾など入塾テストがあり、学力によってクラス編成があるところを選択される方が、学力の差が出ずよい示度が受けられます。

進学塾では最近、様々なサービスを展開しており、以前はなかった個別指導や独自テキストの販売など行い、苦手科目克服や自学時間を有効に利用する手段として利用できるようになっています。進学塾と一口にいっても、指導内容や方法がかなり違いますので、志望校の実績が高いところ、また体験入塾など行い、自分に合った無理のない塾に入るといいでしょう。